スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日来る本

注文してた本が明日来ます。
今まで近くにセブンイレブンはなかったのだけれど
予備校の近くにあるので注文しやすくなってうれしい。
まあ本を読むのは夏休みまでってことにします。
緑のヴェール緑のヴェール
(2008/06)
ジェフリー・フォード

商品詳細を見る

これは一巻から読んでてこれで完結。
ファンタジーというより幻想文学って言葉が似合います。
ごてごてしてる。でもストーリーは王道!
そういうところが好きです。

センネン画報センネン画報
(2008/05/15)
今日マチ子

商品詳細を見る

これはブログで最近読んでて気に入ったので。
漫画っていうか絵っていうか
それだけでストーリーがあって
ちょっとどきどきしちゃう。
そんなことをもりみーも言ってたきがします。
ブログはこちら
スポンサーサイト

やっとアマゾンの使い方が分かったので、最近買った本を紹介します。
ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫 F シ 5-2)ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫 F シ 5-2)
(2007/08)
シャーリイ・ジャクスン

商品詳細を見る

まだ読みかけだけど集団の悪意をひしひし感じる。
だけど主人公のメリキャットのずっと狭い世界にいたい気持ちとか周りに対する敵意は
すごく共感できます。
燃えるスカートの少女 (角川文庫 ヘ 14-1)燃えるスカートの少女 (角川文庫 ヘ 14-1)
(2007/12)
エイミー・ベンダー

商品詳細を見る

初めて知った作家さんです。
短編集で詠み易い。翻訳もいいです。
雰囲気があって殺伐してるようでどきどきしたり切なくなったりします。
他の本も読んでみたい。
一番最初の「逆進化」してゆく恋人の話がお気に入り。

本借りてきた。

ちゃんとまともなんも2年の間に読んでおかねばと思い、
「三四郎」と「細雪」を
借りてみました。
でも、テストの息抜きもしなきゃーと思って
三浦しをんの『桃色トワイライト』も借りました。
細雪は関西弁でおしゃべり系なので結構読みやすい。
あとが楽しみです。
三浦さんもなかなかおもしろそうなエッセイです。
あ、カラマーゾフの兄弟も読み出した。
これはなんとも時間がかかりそう…。
登場人物の名前が覚えられないしー
気長に頑張ろう。
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

駿河さく

Author:駿河さく
関西の大学生。
短歌詠んでます。
本を読むこと映画を見ることがすき。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。