スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

008:守(駿河さく)

守れない約束をした 夕暮れのような朝焼け見つめたままで

007:壁(駿河さく)

岸壁を跳び越えた波かぞえたらわかんなくなる初恋のこと

006:ドラマ(駿河さく)

日に焼けた麦藁帽をさしだしてドラマチックな波のまんなか

005:放(駿河さく)

君とただ放送室で抱き合ってボブ・ディランから朝が生まれた

004:塩(駿河さく)

泣くことを生業として暮らしたい塩辛い指噛みしめている
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

駿河さく

Author:駿河さく
関西の大学生。
短歌詠んでます。
本を読むこと映画を見ることがすき。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。